わきがの手術のカギはアポクリン腺の除去!手術法まとめ

わきがの手術のカギは臭いの原因となるアポクリン腺を除去できるかどうかです。切開を必要とする手術と切開を必要しない手術があります。
MENU

わきがの手術のカギはアポクリン腺の除去!手術法まとめ

手術を開始する医師の手

 

わきがも人によって程度に差はありますが、症状が比較的重い人の場合、周囲に不快感を与えてしまうことは避けられませんし、それが本人にとっても負担になってしまうのは不幸なことでしょう。

 

こうした問題を解決する最も確実な方法は、手術によってわきがの原因を半永久的に取り除いてしまうことです。

 

わきがの手術にはどういうものがあり、それぞれどういったメリットやデメリットがあるのかについて説明していきましょう。

 

わきが手術のカギは「アポクリン腺」

わきがの手術について知る前に、わきがのメカニズムについて説明しておきましょう。

 

汗腺にはエクリン腺、アポクリン腺の2種類があります。エクリン腺からの汗は水分と塩分がほとんどを占めているのに対し、アポクリン腺からの汗は脂質やタンパク質などを含んでいるという違いがあります。

 

また、エクリン腺がほぼ全身に分布しているのに対し、アポクリン腺はわきの下やデリケートゾーンなど、特定の部位にしか存在していないというのも違いです。

 

そして、わきがのカギを握っているのは、アポクリン腺から分泌される汗です。ただ、汗そのものに臭いの成分が含まれているわけではありません。もし汗そのものが臭うのでしたら、蒸発した汗が充満しているサウナルームの臭いは大変なことになってしまいますが、実際はそんなことにはなっていないのがその証拠と言っていいでしょう。

 

では何が臭いの原因なのかといえば、汗を栄養分として繁殖する細菌からの分泌物です。アポクリン腺からの汗が脂質などを含んでいるのは上に書きましたが、この脂質を養分として繁殖する「コリネバクテリウム」という細菌がわきがの臭いの原因なのです。

 

そして、アポクリン腺はわきの下など特定の部位にしかありませんので、わきが臭っているように見えてしまうというわけです。

 

つまり、わきがの臭いを元から断つためには、手術によってアポクリン腺を取り除いてしまえばいいわけです。アポクリン腺からの汗が分泌されなければ細菌は繁殖できず、臭いの元もなくなるからです。

 

わきの下を切開する「剪除法」

 

アポクリン腺を除去するわきがの手術には、大きく分けて2種類があります。わきの下を切開する「剪除法」と、わきの下に小さな穴を開けて器具を挿入する「マイクロリムーブ法」です。

 

それぞれメリットとデメリットがありますので、簡単に説明していきましょう。

 

まず剪除法ですが、これはわきの下を切開し、アポクリン腺を目視で1つひとつ取り除いていくものです。メリットは、重度のわきがの場合には医療保険が適用されるため、コストが低いということです。

 

わきがの治療には保険の適用外のものが多いため、コストがかなりかかってしまったり、医療機関によって治療費が大きく異なってしまったりするという問題があります。

 

しかし、保険医療でしたら料金が定められていますし、あなたの負担分も10万円を超えることはありません。

 

また、目視でアポクリン腺を除去するため、後述するマイクロリムーブ法に比べるとアポクリン腺を確実に除去できる可能性が高く、医療機関による技量差が出にくいというのもメリットでしょう。

 

ただし、細かい作業が要求される手術ですので、医療機関による技量差が出てしまうこと自体は避けられないのは留意しておきましょう。

 

デメリットは実際にわきの下を切開してしまうため、体への負担がどうしても大きくなってしまうことです。術後に1週間程度、患部を固定しておく必要があるのもデメリットといっていいでしょう。

 

また、手術痕が残ってしまうことも、人によっては気になってしまうところではないでしょうか。

 

わきの下に器具を挿入する「マイクロリムーブ法」

 

これに対して、マイクロリムーブ法はわきの下を切開しないで行う手術です。数ミリの穴を開けたうえでそこから専用の器具を挿入し、アポクリン腺を除去していきます。

 

そのまま吸引する皮下組織吸引法と、アポクリン腺を熱で焼いたうえで吸引する超音波吸引法の2つがあり、後者の方が高い効果が得られるとされています。

 

メリットはわきの下を切開しないため、体への負担は小さくなることです。剪除法に比べて傷が小さくなるため回復が早くなり、手術痕が目立たなくなるというのもメリットだといっていいでしょう。

 

デメリットは、手術が保険適用外のためコストがかかってしまうことです。最低でも10万円台、高いところだと30万円台になります。体への負担は小さくても、財布への負担は大きくなってしまうのです。

 

また、目視下で行う手術ではありませんので、剪除法に比べてアポクリン腺除去の確実性という点では、どうしても劣ってしまいます。

 

目視ができないということは、アポクリン腺の位置については医師が経験を基に探るしかないというわけで、医療機関による技量差が大きくなるのもデメリットでしょう。

 

技量に問題のある医療機関ですと、手術の効果が期待したほど出ないというケースすらあるのです。

 

わきがの手術はいずれも一長一短といったところで、どちらの方法を選ぶかは最終的にはあなたの判断になります。ただ、いずれの手術も医療機関による技量差が出てしまうのは確かです。

 

手術はどうしても体に負担がかかりますし、それなりのコストもかかってしまいます。医療機関選びはそれなりに時間をかけ、慎重に行うのがいいのではないでしょうか。

 

わきがの治療法は?塗り薬?飲み薬?ボトックス注射?手術?

このページの先頭へ