わきがの対策にはアルコール消毒!効果が高いと口コミでも話題

わきが治療法として人気なのが自宅で出来る保存療法です。その1つがアルコール消毒でのわきが対策。実際に効果はあるのでしょうか?またそのデメリットとは?
MENU

わきがの対策にはアルコール消毒!効果が高いと口コミでも話題

手にアルコールを出す

 

わきがの対策方法に必要なものとして殺菌効果があげられます。わきがの臭いというのは雑菌が原因とされています。

 

デオドラントクリームなどでも殺菌効果の高いものはたくさんありますし、そういうもののほうが効果は高いです。

 

ならば、強力な殺菌ができるアルコール消毒ならばどうなるのでしょうか。

 

口コミなどを見ているとアルコール消毒をすることでわきがの臭いはあっという間になくなるという話があります。

 

わきがとアルコール消毒についてお話ししていきます。

 

わきが治療に塗り薬・飲み薬・ボトックス注射・手術どれがおすすめ?

 

アルコール消毒がなぜわきがに効果的なのか

アルコール消毒が効果的である理由を知るためには、わきがの臭いがどうして発生されるかを知る必要があります。

 

わきが臭いの原因はアポクリン腺から分泌される汗です。この汗自体は無臭なのですが、この汗にはタンパク質や脂質、ミネラルや鉄分などさまざまな成分が含まれています。

 

この汗に含まれている成分をわきがの原因となる菌はとても好みます。汗が菌のエサとなって繁殖して分解されていくことでわきがの臭いが発生されます。

 

わきがの臭いの原因になっているのは、アポクリン腺から分泌される雑菌の好物となる汗と、皮膚の雑菌の繁殖なのです。

 

そうなると、脇汗か雑菌のどちらかがなくなればわきがの臭いは発生されなくなります。

 

アルコール消毒をすると高い殺菌効果でわきがの原因となる雑菌がいなくなるのです。たしかにアルコール消毒はわきが対策になります。

 

口コミでも手軽だということで人気があります。しかし、アルコール消毒というのは肌への刺激も強いので繰り返し使うことはおすすめできません。

 

緊急の場合などに良いのかもしれません。アルコール消毒のできるウェットティッシュとかもありますから、そういうのを使っているという口コミも見かけます。

 

ただし、アルコール消毒は肌を乾燥させてしまうのです。

 

アルコール消毒をする場合には濃度などにも気をつけないといけません。

 

肌がぼろぼろになってしまいますからね。

 

アルコール消毒の効果の持続時間とデメリット

わきが対策をしていく中で大切なのは消臭効果の持続している時間です。

 

アルコール消毒の場合はせいぜい3時間程度です。臭いがでたら、またアルコール消毒をしなければならない・・・これは明らかに肌に悪影響です。

 

わきがの臭いやわきがの原因となる汗というのは放っておくと臭いをどんどん悪化させていきます。

 

洋服に脇汗などがつけば臭いが消えることはありません。なのでわきが対策の持続時間というのはとても重要なのです。

 

アルコール消毒というのは揮発性が高いので、もしも使うのならば保湿をすることも考えないといけません。

 

肌は乾燥をすることで肌を保護しようとして皮脂を過剰に分泌させます。皮脂はわきがの原因となる菌の大好物のものでもあるので、わきがの臭いを悪化させてしまいます。

 

なのでアルコール消毒だけするということは、確かにわきが対策として効果はあるけれど、結果的にはわきがを悪化させてしまうという恐れもあります。

 

口コミなどを見ていても、わきがの人でアルコール消毒をメインで使っているという人はほとんどいません。

 

緊急の場合に使う人が多いのです。デオドラントクリームを塗り直しする際に使うなども口コミを見ていたらあるようです。

 

アルコール消毒ではなくてデオドラント用品を

アルコール消毒のできるウェットシートなどを携帯するのは良いと思いますが、アルコール消毒でわきが対策をするのはおすすめができません。

 

わきがの対策をするのならば強力の効果のあるデオドラントクリームを使用することがおすすめです。

 

わきが用のデオドラントクリームは殺菌作用も制汗作用も抜群です。そして保湿成分もしっかりと含まれているものあります。

 

こちらの記事の後半に、おすすめのわきがクリームランキングをご紹介していますのでご参考にしてみてください。

わきが治療に塗り薬・飲み薬・ボトックス注射・手術どれがおすすめ?

このページの先頭へ